上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迎えたくない日がやってきた。

夏合宿北海道PT最終日。

今日は函館観光。

まずは、函館朝市!
海鮮丼とイカソーメンを朝っぱらから食べる。
海鮮丼 イカソーメン
このイカソーメンは真ん中のいかに醤油をかけると踊りだした。
Youtubeでもご覧になれるのでそちらも参考にしていただきたい。
味はどちらとも申し分なく美味しかった。さすが朝市!新鮮な海の幸を堪能できた。 


次に新撰組副長土方歳三最期の地碑
CIMG3218_convert_20120901010252.jpg

実は、新撰組とか幕末の日本史が大好き!!

そしてお次は五稜郭と五稜郭タワー!!窓枠が邪魔だけど全体が見渡せる。
五稜郭  五稜郭タワー

五稜郭は高校のときから行きたかった場所。それだけあって展望台から見たときは感動だった!

さらに、五稜郭内の奉行所
奉行所

もっと五稜郭の中を歩き回りたかったけど、時間の関係で終了。
8段ソフトクリームを食べるために一度ライムライトさんへ戻る。

八幡坂の近くにあるアイスクリーム屋「はこだてソフトアイス」で、
8段ソフトクリームを男性は20秒、女性は30秒で完食すればタダ、
失敗するとアイス代600円を払うことになる。
函館ソフトアイス  8段

この女性は挑戦するも失敗…
僕もも挑戦したが半分も食べきれず失敗する
味は申し分ないくらい美味しい。普通に食べたかった笑。

さて、このアイス屋の近くには八幡坂が!
八幡坂


坂の上から海までを一望できる絶景スポット。今度は夜に行ってみたい。

ついに、今合宿もクライマックスに。
あの函館山からの夜景の時間だ。
夜景
昔、写真で見たときから自分の目で見てみたかった景色が目の前に広がるととても感動した。




これで、夏合宿北海道PTの全日程が終了した。
この後、翌朝3時過ぎの急行はまなすで青森へと向かう。

今回の合宿は多くの人にお世話になった。
特に、道民の方々の温かい声援や助けがどれだけ我々の力になったか、
本当に感謝したい。ありがとうございました!!

来年はぜひ、オロロンライン完全制覇と共に、道東を走りぬきたいと思う。
必ず来年、北海道に戻ってくる!

I will be back!!!
スポンサーサイト
いよいよ函館に突入する。

国道5を今日も直進。
函館市内に入ると、低い建物ばかり。
これは函館空港が近くにあるかららしい。

15時ごろに今日宿泊予定のライダーハウスライムライトさんに到着。
お腹がすいたので、函館のハンバーガーショップラッキーピエロに行く。

そこで注文したのが↓手前が函館山バーガー、奥が太っちょバーガー。
函館山バーガー
太っちょバーガーは、運ばれてくるときに鐘が鳴らされてかなり恥ずかしかった笑。

空腹を満たした後はライムライトに戻って明日の作戦会議。
函館山からの夜景や、五稜郭など見どころは満載だからかなり迷った。

さらに、謎の女性自称アニータさんという同じ宿泊者の方から半ば強制的に?明日8段ソフトクリームを食べに行くという約束をしてしまう。

明日の予定も決まったところで3年生のAさんが、「ラッキーピエロの6キロカレーが食べたい」と言い出す。
耳を疑ってしまう発言であったが、面白半分でついて行った。
最初の店では取り扱ってないといわれたが、親切にも店員さんが他店に予約をしてくれ「寄り道せずに必ず、必ず行ってくださいね」とかなり念を押されてしまう。これには後ろの客も爆笑。
これでもう後戻りはできなくなった。
6キロカレーを食べきるしかない!!

お店に行って15分前後で運ばれてきた。から揚げと目玉焼きがのっている。
6繧ュ繝ュ繧ォ繝ャ繝シ_convert_20120901004649
これが運ばれてきた瞬間、周りで撮影会が始まった笑笑笑
みんなカメラやケータイで写真を撮り大騒ぎに。

完食できるか不安だったが、6人がかりで食べればあっという間だった。
6繧ュ繝ュ繧ォ繝ャ繝シ螳碁」歙convert_20120901005121
ご覧の通り、ご飯粒ひとつ残らず食べきった!!

やはりグルメ合宿、只者ではなかった。



さあ、長かった合宿も明日で最終日。
泣いても笑っても明日が最後!
11日目の朝はゆっくりだった
というのは、長万部の物産館で11時からカニ飯の食べ放題があるからである。
完全にグルメ合宿となってしまっているが、目的がないよりは数段マシ!
食べ物を追い求める度も楽しい。

長万部駅と物産センターは目と鼻の先。
11時前に着いたが、15分前くらいには中に入れてくれた。
90分カニ飯&バイキングで気になる値段は……980円!!
盛り付けへたくそで申し訳ない!!
カニ飯
カニ飯はセイロいっぱいに作られていた。
長万部に来たら必ず寄っていただきたい!!!

今日は国道5を直進。
八雲を取りすぎて、イカ飯の町、森町に到着。
駅の観光案内版を眺めていると、地元の男性に声をかけられる。
森町には銭湯がないらしい・・・。イカ飯は普段の食卓にも並ぶ定番メニューだそうだ。
さっすが森町!!

さて、今夜の宿泊場所は……道の駅でテント!
YOU・遊・もり、という道の駅。
ほかにもチャリダーたちがテントを張っている様子も見られた。


晩御飯はジンギスカン!この前食っただろ!!!って思うかもしれないが、これには深~~い訳がある。

話はさかのぼって8月9日の合宿4日目。僕が一人札幌に帰った日の夜だ。
あの日の晩御飯はジンギスカンの予定だった。

羽幌のマーケットで肉を買って、直火で使える簡易ジンギスカン鍋も購入した。
だが、そのあとに自分の自転車の故障があり、初山別に着いたのは遅い時間だった。
しかも使う予定だった火器類が故障し、使い物にならなかったそうだ。

結局その日は、苫前でいただいたジャガイモやかぼちゃのお焼で空腹をしのいだのだ。
もし、苫前でジャガイモをいただいていなかったら……
苫前の方々に感謝しなければなるまい。

肉こそ悪くなって処分したが、ジンギスカン鍋だけは処分されていなかった。
火器も別のものに交換して準備完了!

自前のジンギスカンの写真がこちら↓
ジンギスカン鍋
まさか2回もジンギスカンを食べるとは…さすがグルメ合宿♪


明日はいよいよ函館入り\(^o^)/
8月15日、終戦の日ですが、構わず室蘭YHを後にした。
今日は午後から天気が崩れるということなので、当初予定では洞爺湖でキャンプの予定だったが、
支笏湖の二の舞を避けるため急遽予定を変更し、長万部へ先に進むことにした。

午前中はよく晴れていて、雨が降るとは到底思えない天気だった。

洞爺駅から静狩駅まで輪行。
静狩駅は無人駅…。
静狩駅

駅を出ると空は黒い雲でいっぱい。
国道230はやや殺風景。
ひたすら雨から逃げるために漕いでいた記憶しかない。


長万部駅に到着し、銭湯が近くにあったので入った。
しかし、銭湯から出るなり大粒の雨。
近くのコンビニに退避して、ついでに晩御飯を調達。

今夜は長万部駅に野宿!人生初の駅野宿や!!!
8月14日、今日は特別な日だ。
そう、私の20回目の誕生日である。
昨年もそうだったが、合宿中に誕生日を迎えたのである。
昨年は…昨日と同様土砂降りの大雨だったからあまりいい思い出がない。

けど今日は、昨日の雨が嘘のように晴れている。

そんな私のバースデーのブレックファーストは…
ホッキ丼!!
ホッキドン
これがめちゃくちゃうまい!!ホッキ貝の身は歯ごたえがあって、磯の香りがプンプンする。
朝から贅沢なごはんだった。

今日は室蘭までなのであまり距離はない。
国道36室蘭街道をひたすらこぎ続けるが、素晴らしい景色だ!!
ぜひもう一度訪れたいところだ。
室蘭街道     室蘭街道2

室蘭に着いたのは15時過ぎ。
時間があるのでチキウ岬(地球岬)へ行くことに。
夕暮れ時にはまだ早かったが、観光客でにぎわっていた。
チキウ岬 地球岬  

室蘭には八景があるらしいが、2つくらいしか見れなかった…。
今度来るときは全部見て帰ろうと思う。

晩御飯はイタンキ浜でチゲ鍋!!
野菜、豚肉、ソーセージ!?(意外とおいしい)を煮込んで、最後はうどんで締めた。

今日一日は本当によく晴れた。
チキウ岬の絶景も見ることができたし、思い出深い一日だった。
8月13日午前9時、札幌駅北口はシトシトと雨が降っていた。
近くのコンビニで朝食をすまし、いざ出発。
本日は、札幌市内から国道453を進んで
支笏湖を通り過ぎて、国道276を進む。

合宿前半では、ずっと平坦な道を走ってきたが、後半初日はいきなり山。
しかも雨が降る中坂を登らねばならない。

札幌市街地を抜けだすころに雨脚が強まってきた。
雨除けにと思いサングラスをかけていたが、隙間から雨が入り込み全く役に立たない。
そのうちコンタクトが外れ、片目だけぼやけた状態で走ることに……

支笏湖の手前にある最後のセイコマでお昼を食べるが、
みんな口数が少ない。雨の日っていつもテンション低くなる…
小雨ならまだいいが、今日の雨は土砂降りに近い。
みんな浮かない顔でコンビニを後にする。
ここで、コンタクトからメガネに交換。どっちにしろ濡れるだろという半ばヤケクソ状態に笑

国道453には滝野上野幌自転車道がある。
これは道路の横にある歩道のようなものだが、歩道の幅もわりと広く車道を走るよりマシだった。

それにしても長い坂が続く
登っては下り、を5回ほど続けただろうか。
そのうち、下りなのに減速するという現象が起こり始めた。
下りなのにペダルをしゃかりきになって漕ぐ。
何と滑稽なものか…。

かなりのアップダウンに体力を奪われた我々だったが、
ようやく支笏湖とご対面。
が、濃い霧でなーんにも見えない。そうなーんにもである。
だから、支笏湖なんか目もくれず湖岸ぎりぎりの道路を足早に進む。

国道276にも先ほど同様自転車道があるが、こちらは舗装がいまいちで段差だらけ。
さらに雨脚は強くなるがお構いなしに坂を駆け降りる。

国道を抜けて本日の宿ゲストハウス宇宙さんに到着。
ゲストハウスのオーナーさんが、バスタオルを用意して温かく出迎えてくれた。
オーナーさんによれば、今日の雨はこの夏一番の大雨だったそうな・・・。
ゲストハウス宇宙さんは部屋も風呂もきれいで、何よりオーナーさんがとても親切にしてくださった。
ありがとうございました。


気が付けば外は雨が止んでいた。今日は一枚も写真を撮っていなかった。
せめて雨の支笏湖ぐらいとっておけばよかったかも…。

明日は天気が回復する様子。
5時起床!
昨日で合宿の前半を終えた我々は、南稚内駅から輪行して札幌へと進んだ。

初日に購入した北海道&東日本パスの有効期限が今日までなので、
それを有効活用して電車賃節約!!

南稚内に電車が到着するとすでに電車は混んでいた。
どうやらほかのチャリダーさんたちが稚内から輪行したらしく、
1両編成の電車に自転車を12台も積む羽目に……
しかし、車掌さんは親切に対応してくれて一安心。
ご覧の通り運賃箱の奥におかせてくれた。
南稚内

車掌さんと話をしていると、どうやら明日は雨らしい……。
今まで初日を除けば、雨雲には遭遇したが雨には遭遇していない。
ずっと晴天が続いていただけに雨と聞いただけで、やや気分が落ち込む。


音威子府で少々時間があったので、立ち食い蕎麦を朝飯代わりに食べる。
値段は350円!!この蕎麦屋は日本最北端の立ち食い蕎麦屋だそうで、
この蕎麦目当てに訪れる人も多いという。
そのせいあって、開店前から行列ができていた。
お店の名前は、「常盤軒」
ぜひ一度訪れていただきたい。

さて、列車は士別を過ぎてお昼過ぎには、三浦綾子著の小説『塩狩峠』の舞台となった塩狩駅を通過する。
塩狩駅

この時間帯になると眠い眠い眠い(p_-)
なんせ朝5時起床ですから電車の中でみんな爆睡!

旭川について、また時間が空いたので駅前をぶ~らぶら
すると、朝〇テレビの人に声をかけられる。
「旭川周辺の美味しいラーメン屋について道民の人に……」
「すみません、僕ら東京から来てるんで笑」
どう見たって俺たち道民じゃないだろ!!ってつっこみたくなった。

旭川から先は中心部に近づくせいなのか、暑さがじわじわとやってくる。
それまで車内に扇風機が回っていただけなのに、エアコンが入っていた。

16時過ぎに札幌に到着。
この合宿で3回目の札幌である笑
北海道に来るのは今回の合宿で6回目。
テレビ塔や時計台は正直見飽きていた…

ホテルに荷物を置き、キリンビール園でジンギスカンを食べる
タレ漬け込みと生ラムが食べ放題。
ジンギスカンを食べるときは、白いご飯ではなくおにぎりを食べるのが主流だと聞いてびっくり!!
ジンギスカン
久々の肉にみんな大興奮(^o^)
腹いっぱいになるまでジンギスカンを満喫した。

帰り道に見たライトアップしたテレビ塔。
何度見てもきれいだが、東京タワーには勝らないな笑。あたりまえか笑。
ライトアップテレビ塔


明日からいよいよ合宿後半。雨ひどくならないといいなぁ~
6日目の朝は暑さで目が覚めた。
昨夜は宿泊者が多かったため我々は3階の屋根裏で寝ていた。
北海道の冬は厳しいため、屋根には断熱材がこれでもか!というくらい組み込まれているらしい。
そのため、窓のない屋根裏には熱がこもり蒸し風呂状態に(苦笑。
みどり湯


今日は宗谷岬。空は少し曇っている。
初日に日程がずれ込むことがわかっていたので、クッチャロ湖には行かずにみどり湯さんに連泊することになった。そのため、宗谷岬に行くときは荷物がほとんどなかったので楽だった。

11時ごろに出て最北端のマックでお昼を食べる。
駐車場には、最北端を示す看板が立っており、ドナルドと記念撮影できるようになっていた。

国道238をまっすぐ行けば宗谷岬。
行きはかなりの追い風。平均30km/hは出ていたはず。
ギアがアウタートップでも足りないくらいだった笑。

宗谷岬に着くとバイクがいーっぱい!人もいーっぱい!記念碑の前でうろうろしてたらみんなから写真を頼まれる始末に・・・。それでも何とかこの1枚↓
宗谷岬1

のんびりしていると東の空にどす黒い雲が・・・。
急いで帰ろうとするが、とんでもなく強い向かい風(苦笑。
アウタートップどころかインナーを使う羽目に(+_+)
しかし、景色を楽しむのだけは忘れない。
宗谷岬3

何とか雨雲から逃げ切り、マーケットで晩御飯を調達。海の幸が食べたいなぁと思いうろついていると、毛ガニに目が留まる。
魚屋のおっちゃん「2杯で10000円でいいよ!」これだけでもかなりありがたいのに、おっちゃんは結局6杯2000円で売ってくれた\(^o^)/こんな立派なカニがどうやったら6杯2000円になるのやら・・・
おっちゃんありがとう!!

毛ガニはすでに茹でてあり、冷凍じゃないということでなおさら2000円という値段が気になる笑。
カニ

夜9時を回ると恒例のアレが始まる。オーナーさんが直々に出てこられてお酒も交えながら宿泊者同士の交流が行われるのである。そこで必ずやるのが、北海道出身の歌手松山千春さんの「大空と大地の中で」を宿泊者全員で大合唱。何となく聞いたことはあったけど、歌を知らなくても肩を組んでるだけで楽しかった。
大空と大地の下で

そんなわけで、稚内でキャンプもいいけどライダーハウスみどり湯さんはかなりオススメ!


今日で夏合宿前半戦が終了。本来なら250キロくらい走ってるはずだが、
なんやかんやで120キロくらいしか走ってないな・・・。
5日目の朝、札幌は雨が降っていた。

N君の家を出て、自転車屋に行きブレーキを直し終えるとお昼を過ぎていた。
市内をあてもなく走っていると、
ついに総走行距離が4000kmを突破した。1年2カ月共に走ってきたものの、今年の4月から乗る機会が減っていた。だが、これからも大事に乗り続けようと思う。

チャリ

ここでこのチャリについて触れておく。
車種はGIOSのSpazio 2011年モデル、購入日は2011年6月末。GIOSはイタリアのメーカーで、創業者のトルミーノ・ジオスはベルリン五輪のイタリア代表でもあった。GIOSのエンブレムに五輪のマークがあるのはそのためである。GIOSのシンボルカラーはオレンジだったが、1973年ごろから青色のフレームが定着し、それ以来その青は「ジオスブルー」と呼ばれ、イタリアのペンキ屋の色のサンプルにも「ジオスブルー」が登場するほどGIOSといえば「ジオスブルー」なのである。
そして昨年、サークルの部室でカタログを見ていてふと目に留まったのが「ジオスブルー」。即決だった。
これからもこのチャリで日本全国あるいは海外を走ってみたい。



さて、15時のバスで札幌を立ち、メンバーのいる稚内へ向かう。考えてみれば、この合宿のメインであるオロロンラインは結局、半分も走れなかった。何ということだ!来年リベンジ各確定や!!!

稚内についたのは21時。今夜はライダーハウスみどり湯さんに泊まります。

明日はいよいよ最北端宗谷岬!
やっと自転車に乗れる。
3日間の輪行を終え、今日から本格的に走り始める。
そして、それを待っていたかのように頭上には青空が広がり、追い風が吹く。
オロロンライン

果てしなく続く水平線を横目に直線道路を突き進む。
そう、この景色が見たかったのだ。

しばらく走ると少し内陸へ入るため海とはしばしお別れ。

昼過ぎになると少し汗ばむようになってきた。
ちょうど苫前に入りかかったところで警官が旗を振っている。
「検問」
確かにそう書かれている。
なーんにも悪いことしてないのに・・・とか思ってると、
どうやら苫前町老人クラブ連合会と苫前町交通安全推進協議会の共催による、シルバー喫茶が開かれていたのであった。地元農家や老人クラブ会員の方が家庭菜園で作ったメロン、ミニトマト、ゆでトウキビ、カボチャ団子、じゃがいもの塩煮をごちそうになると同時に、交通安全啓発グッズまでいただいた。
本当にありがとうございました。
ジャガイモ

帰り際、おばさんたちから袋一杯に入ったジャガイモの塩煮をお土産としていただき、地元の方々の声援を背に再び走り始めた。


羽幌まで来たところで愛車がパンク。同時にフロントのブレーキも壊れてしまった。パンクは直ったものの、ブレーキは直らず最寄りの自転車屋へ直行。
しかし、そこでも直せず苦渋の決断を迫られる・・・。札幌の自転車店へ行くか、この先フロントブレーキなしで走るか。
途中で事故れば元も子もないので、バスで輪行して一人札幌へ引き返すことに。幸い、近くにバスターミナルがあったためすぐに乗ることができた。

気が付けば、バスは今日走ったのと同じ道を引き返していた。悔しい・・・。
札幌へバスで

今夜は札幌市内にいる友人N君の家に泊めてもらうことに。感謝します。

昨晩、はまなすで一緒になった男性チャリダーの方と電車内で盛り上がったせいか、ほとんど眠てない。

札幌に朝6時過ぎに到着。乗継まで3時間近くあるので、市内をプチ観光。
テレビ塔

このあと、9時過ぎの電車で深川へ、深川から留萌本線で留萌へ。
留萌

今日はみつばちハウスさんに泊まる。

合宿が始まって3日経ったが、輪行ばかりだったため未だに自転車に乗ってない(苦笑。
明日からいよいよオロロンラインを走る。
合宿2日目

昨晩の作戦会議の結果、今日はとりあえず青森まで行って急行はまなすに乗る。
そして遅れた1日は、5日目のクッチャロ湖をカットし稚内に2泊して稚内から輪行して札幌へ向かう、ということで丸く?おさまった。いや~クッチャロ湖行きたかった・・・。

ここで不幸中の幸いというべきか、なんと今日8月7日はねぶた祭りの最終日だったのだ。
青森駅についてから急行はまなすに乗るまでは時間があるので、我々は合宿日程にはないねぶた祭りを見に行くことになった。
初めて見るねぶたの美しさと迫力に圧倒された我々は、昨日の雨への怒りも忘れてねぶた祭楽しんだのであった。

22時42分青森発札幌行の急行はまなすに乗車。
一日遅れで北海道上陸である。

CIMG2937.JPG
上野駅より快速ラビットに乗る
いよいよ始まった夏合宿!誰もがこの日を待ち望んでいた・・・が、初日からハプニングに襲われた(+_+)
本日の予定では、JRの北海道&東日本パスを使い
上野から青森まで普通列車を乗り継いで、青森から急行はまなすに乗る予定。

しかーし、福島と仙台の間にある大河原で大雨・・・。電車は運転見合わせで約2時間半遅れでようやく運転再開。この時点で急行はまなすに乗ることは不可能になってしまった。

合宿初日から日程がずれるなんて誰が予想したか?とりあえず仙台市内にある道中庵YH(かなりきれい!)に宿泊して、
作戦会議となった。


今年の夏は波乱の幕開けとなった。
2012.08.05 出発前夜
明日、夏合宿がスタート!
合宿地に選んだのは・・・昨年に続いて北海道!!
6月あたりからプランを練っていたが、なかなか決まらない・・・。
しかし先輩の協力もあって、留萌スタートに決定、最終日は函館になった。
日程は、上野→(輪行)→留萌→初山別→稚内→宗谷岬→クッチャロ湖→天塩川→(輪行)→札幌→苫小牧→室蘭→洞爺湖→八雲→函館の予定。
なんといっても、留萌から稚内までのオロロンラインと宗谷岬、函館は景色が素晴らしいということなので、かなり楽しみである

今回のメンバーは、1,2,3年生がそれぞれ2名ずつ、計6名でのチャリンコ合宿となる。

あ~合宿前夜は眠れないな笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。